吉川デンタルブログ

「朝日大学歯学部同窓会第4回学術講演会」 ~歯科衛生士の役割とインストゥルメンテーション 初期治療からメインテナンス 大住裕子先生セミナー受講して~

2012.03.09

歯科医療における歯科衛生士の役割、業務内容が確立されてきた今日、私はこの仕事に魅力とやりがいを感じながら日々、患者さまに接しています。

 私達、歯科医師・歯科助手・受付・歯科技工士そして歯科衛生士のチームワークで患者さまをサポートさせていただいています。なかでも歯周治療は歯科医師の診断と方針を土台として進められる中、歯科衛生士の役割が重要になってきます。当院は患者さま担当制のシステムをとっておりますので、歯科衛生士が患者さまとのコンタクトを取ることが非常に多く歯周病治療に成功する一つのカギを持たせていただいていると思っております。

 今回のセミナーでは初心に戻り、歯周病治療を成功させるために「不可欠な条件」とは何か・・・という事を考える良い機会になりました。それは歯周病という病気に対する患者さまの意識改革と自立をどのように私達が導いていけるかということが第一条件だと思います。意識改革や自立は近道や特効薬もありませんので1人1人の患者さまのお口の状態、性格、生活環境などを理解しじっくりと取り組んでいく事が必要であり患者さまご自身に”病気を治す”という意識をしっかり持っていただき歯周病は患者さまを含めたチーム医療であるということを認識していただくことが重要であると思いました。

 初期治療からメインテナンスまで長期間にわたりお付き合いさせていただくためにはスタッフ全員が一丸となり、患者さまが歯周病の認識、意識改革そして自立へと無理なく導いていけるよう努力していきたいと思っております。

2005年2月27日
歯科衛生士 島田 さおり

ご予約・ご相談はお気軽に

虫歯や歯周病などのお悩みがございましたら吉川デンタルクリニックまで
お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP