吉川デンタルブログ

JIADSの歯科衛生士コースを受講して

2012.03.10

先日、JIADS主催の歯科衛生士コースを受講してきました。
このコースは歯科衛生士の仕事の中で、大きなウェイトを占める歯周病治療に欠かせない”歯石除去”の実習をメインとしたものでした。 歯石を除去するには、まず、歯石がどこについているかを知ることが大切です。目で見える範囲はいいのですが、歯周ポケットの中の歯石は器具をとおし、手で感触をつかむことで歯石のある位置を確かめなければなりません。今回は、そういう基礎のところから、歯石を除去すること、その後のメンテナンスはどうあるべきか、また、器具の構造やそのお手入れの仕方と、細かい部分まで実習を織りまぜ、指導、臨床共に経験豊かな衛生士さんの講義を受けることができました。
 実習では、実際に歯石のついている歯を使って、器具で歯石の感触をつかむ練習をし、その後は歯石を除去する練習になりました。歯石除去の方では、参加している衛生士同士の口の中での器具の当て方と動かし方を確認し、また、マネキン模型を使って歯石を除去しました。皆で和気あいあいと楽しく実習は進みました。講義の方もスライドを使って症例を交えて進んでいきましたので、分かりやすく、あっという間に時間が過ぎました。
 このコースを受講して、教科書では学べないことをたくさん学べたと思います。教科書通りの硬い頭から少し脱皮できたことを、今後の臨床の中で、もっともっと柔軟に対応できる様に生かしていきたいと思っています。

歯科衛生士 江本ゆかり

ご予約・ご相談はお気軽に

虫歯や歯周病などのお悩みがございましたら吉川デンタルクリニックまで
お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP