吉川デンタルブログ

JIADS総会・学術大会に参加して:藤尾沙樹

2012.12.19

 2012.12.1(土)、2(日)にJIADS総会・学術大会が開催され、1日目に参加させて頂きました。
 このような学会に参加させて頂いたのは初めてだったので、貴重な経験をすることができました。マーク ネビンス先生の英語と通訳での講演で難しくもありましたが、再生療法やインプラントを埋入するだけてはなく、審美的にも優れ、患者様の負担も少なく処置できることや、レーザを用いた歯周外科など、歯科治療はどんどん進歩していくのだなと感じました。同時に新しい知識を知ることは楽しくもありました。
 インプラント処置、歯周治療の外科処置は怖い、治療費が高額などのイメージがありますがこのような治療が一般的になっていけば、いいのになと思いました。
 
 今回、衛生士セクションでは吉川デンタルクリニックの衛生士、コーディネーターが「当院での取り組み」について発表しました。すごく時間をかけ、何度も構成をねり、遅くまで頑張っていたことを知っているだけに、聞き終わった時は本当にお疲れさまでしたという思いでした。
 もちろん、症例も発表の内容も知っていましたが、事前の練習で聞いた時よりもさらによくなっていて、新鮮な気持ちで聞くことができ、聞きやすく、わかりやすかったです。 周りの方もメモをとっていたりして、自分達の医院で普段行なっている診療が少しでも参考にして頂けるのかなと思い、聞いている側でしたが、嬉しく思いました。
 また、他院の発表も聞くことができ、刺激になりました。他院のことを知る機会は貴重であると感じ、今後の診療にも生かしていけたらと思いました。
 現在、歯科の数はコンビニよりも多いと言われています。多くある歯科医院ですが、医院によってもやり方は様々です。その中で、どれだけ患者様に受け入れて頂ける医院の個性があるかが大事だと思います。
 新しい技術の進歩、歯科の情報など様々なことを患者様はネットなどで知る機会が増えました。それだけに、自分自身も、知識を増やしていかなくてはいけません。なので、このような学会参加は自分にとって、医院にとって、今後にプラスにしていきたいと思いました。   

平成24年12月17日
歯科助手 藤尾沙樹

ご予約・ご相談はお気軽に

虫歯や歯周病などのお悩みがございましたら吉川デンタルクリニックまで
お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP