インタビュー
(矯正歯科)interview orthodontic

歯並び・咬み合わせの乱れが気になるものの、矯正装置の見た目が気になって治療に踏み切れない方も多い中、吉川デンタルクリニックでは装置が目立ちにくいマウスピース型矯正装置アライナー(インビザライン)を使った矯正治療を行っています。
日本顎咬合学会指導医で診療の柱に咬み合わせの治療を据える吉川院長に、アライナー矯正の特徴や魅力について語ってもらいました。

  • HOME>
  • インタビュー(矯正歯科)

院長に聞く“矯正治療(アライナー矯正)”への思い

Q.どんな方にアライナー矯正(インビザライン)をおすすめされますか?

Q.どんな方にアライナー矯正(インビザライン)をおすすめされますか?

透明で目立ちにくい装置ですので、やはり矯正治療中の口元の見た目が心配な方におすすめです。
従来のワイヤー・ブラケット矯正の場合、どうしても装置が目立ってまわりの視線が気になったり、仕事柄、装置を付けて働きにくいという方がおられますが、アライナー矯正なら安心です。

Q.他にはどんなメリットがありますか?

御自身で取り外しできる装置なので、矯正治療中も今まで通りのブラッシングや食事ができます。
いつも口腔内を清潔に保てるので、虫歯・歯周病の予防に最適です。
また歯に余計な負担がかかりにくく、柔らかい素材なので装着時に痛む心配がありません。
従来の矯正治療にありがちな不快感・違和感が抑えられます。

審美性だけでなく、機能性・
病気予防も大切に考えて

Q.矯正治療で大切に考えていることは?

Q.矯正治療で大切に考えていることは?

矯正治療となると、“歯並びをきれいに整える”という審美的な側面が注目されがちですが、当クリニックでは咬み合わせという機能も大事に考えて治療していきます。
そして、矯正治療の目的は口元をきれいに見せることだけでなく、歯並び・咬み合わせを正すことで、清掃性を高めて病気予防に繋げるという目的もあります。
そして、学会で発表された統計学的(疫学的)報告では、「歯並びが悪く、咬み合わせ不安定な患者さまよりも、歯並びが良く、咬み合わせが安定している患者さまの方が、高齢になったときに圧倒的に、残存歯数が多く、歯の生存年数が長い」と、歯並びの良いことの優位性が言われています。
これもまた、当クリニックが矯正治療で大切にしていることの1つです。

Q.矯正治療もそうですが、幅広い治療に対応されていますね?

当クリニックの診療の柱は根管治療、歯周病治療、義歯、インプラント治療の4つで、これにもう1つ加えるとすると矯正治療が挙がります。
私が目指すのは“オールラウンダー”の歯科医師で、幅広い治療に対応し、さらに1つ1つの治療でもトップレベルを実現しています。
なぜなら、歯科治療をトータルで診ていくと、それぞれの治療の相乗効果で高いレベルの健康と美しさを手に入れることができるからです。

膨大な臨床データの蓄積により、
幅広い症例に対応可能

Q.マウスピース型矯正装置の中でもインビザラインを選ばれた理由は?

インビザラインを提供する米国アライン社は、これまでに膨大な臨床データを蓄積しており、それをもとに患者さまに最適なマウスピースをコンピュータ上で設計するので、現在では様々な症例に対応できるようになったことが選択した理由の1つです。

Q.アライナー矯正(インビザライン)を検討中の方へお伝えしたいことは?

矯正治療に興味をお持ちでも、装置の見た目に抵抗があって二の足を踏まれていた方などにインビザラインはおすすめです。
事前の3Dシミュレーションにより、歯がどのように動いて行くのか、最終的な仕上がりがどのようになるのか、コンピュータ上で確認できるので安心です。
治療内容、治療期間、費用の目安、メリット・デメリットなど、詳しくご説明いたしますので、興味をお持ちでしたらお気軽にご相談ください。

Medical grits

初診専用
Web予約

お問い合わせ

TEL

診療時間・アクセス