歯周病治療periodontal

  • HOME>
  • 歯周病治療

自覚症状なく進行する“歯を失う一番の原因”

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌に感染することで起こる感染症です。
初期にはほとんど自覚症状はありませんが、進行すると歯ぐきが腫れ、さらに進むと歯槽骨(歯を支える骨)が破壊されて、やがては歯を失うことになります。
歯周病は歯を失う一番の原因となります。

烏丸御池駅から徒歩1分の吉川デンタルクリニックでは、歯周病に対して専門的な検査・治療・予防を行います。

歯周病は予防可能です

歯周病は患者さまが進行に気づきにくい病気で、進行してしまうと治療に時間がかかります。
そのため歯周病を早期に治療することも大事ですが、それと同じくらい予防することも大切なのです。

歯周病は定期的に歯科クリニックへ通院し、メインテナンスを受けることで予防可能です。
気になる症状がなくても当クリニックへお越しになり、予防・定期メインテナンスを受けられるようにしてください。
それが大切な歯を歯周病から守ることに繋がります。

歯周病の進行

01

健康な状態

歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)は2〜3mm以下で、歯ぐきの炎症がありません。
定期的に予防・メインテナンスを受けることで、より健康な状態が維持できるようになります。

02

初期の歯周病

歯周ポケットは3mm以内ですが、歯ぐきに炎症が起こり、赤く腫れて出血もします。
この段階であれば、正しいブラッシングや歯石除去などで改善可能です。

03

中等度の歯周病

歯周ポケットの深さが3〜4mm以上になり、歯槽骨の破壊が始まります。
ブラッシング時の歯ぐきから出血、歯を触るとグラグラする、歯ぐきが下がる、口臭がするなどの症状が現れます。

04

重度の歯周病

歯周ポケットの深さが5~6mm以上になり、歯周組織の破壊が進み、歯槽骨も1/3~1/2以上破壊されます。
歯がグラグラと動くようになり、ものがしっかり噛めなくなります。
このままの状態を放置すると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

吉川デンタルクリニックの歯周病治療

日本臨床歯周病学会指導医

日本臨床歯周病学会指導医

吉川デンタルクリニックの院長は日本臨床歯周病学会指導医で、豊富な実績と確かな技術力をもとに、初期段階の歯周病はもちろん、中等度や重度の歯周病・難症例にも対応し、手遅れになると抜かないといけなくなる歯を助けることができます。

骨再生療法に対応しています

中等度や重度の歯周病になり、歯槽骨が破壊されてしまった場合でも、GTR法やエムドゲインなどの“骨再生療法”という専門的な治療で回復をはかることが可能です。
重度の歯周病の方も諦めずに大切な御自身の歯を一緒に助けましょう!気軽に当クリニックへご相談ください。

セルフケアでより良い口腔内環境を実現

歯周病になったお口を健康な状態へと導くには、歯科クリニックでの治療だけでなく、患者さまご自身によるケア(セルフケア)も大切です。
毎日のブラッシングなどを正しい方法で効果的に行うことで、より良い口腔内環境が実現できるようになります。御一緒に大切な歯を守りましょう!
予防・メインテナンス専用のチェアをご用意していて、口腔ケアに専念できる環境にてセルフケアの指導・サポートを行います。

Medical grits

初診専用
Web予約

お問い合わせ

TEL

診療時間・アクセス