義歯denture

入れ歯について

入れ歯の種類

部分入れ歯
部分入れ歯

歯を部分的に失った時に使用する入れ歯です。
失った歯の代わりとなる人工歯、歯肉を補う床(しょう)、そして入れ歯を隣接する歯に固定する固定具(クラスプ)で作られます。

総入れ歯

歯をすべて失った時に使用する入れ歯です。
人工歯と歯肉の代わりとなる床(しょう)で作られて、精密に作成することで入れ歯の内側を粘膜に吸着させて固定します。

確かな技術で快適な入れ歯を皆様へ

入れ歯でお困りの方はご相談ください

入れ歯でお困りの方はご相談ください

「ものが噛めない」「痛みがある」「喋りにくい」「すぐに外れる」「ぐらつく」など、入れ歯のお悩みは様々ですが、京都市中京区の吉川デンタルクリニックでは、義歯の臨床セミナーの講師を務めるなど、高い技術力に定評がある院長が快適にご使用いただける入れ歯を提供いたします。
入れ歯でお困りでしたら、京都市中京区の吉川デンタルクリニックへご相談ください。

入れ歯は特に精密さが要求されます

歯科で作る技工物の中でも、入れ歯は口腔内のスペースを広く占めるものです。
それゆえに口腔内の機能を大きく回復させることが可能なのですが、同時に精密さも要求されます。
当クリニックは世界水準の技術力を持つ歯科技工士と連携することで、咬み合わせ、装着感、使用感、吸着力、審美性など、あらゆる要素にこだわった入れ歯づくりを可能にしています。

吉川デンタルクリニックの入れ歯

インプレッションメイキングによる総入れ歯

顎を動かすとまわりの筋肉が収縮して口腔内の形状は変化します。
この変化に対応した型取りが、当クリニックが行う“インプレッションメイキング”です。
口腔内の変化に応じて歯型をメイクしていくため、隙間が生じにくく、ぐらつきや外れなどの違和感が抑えられます。

複数回の精密な型取りが必要

インプレッションメイキングのためには、複数回の精密な型取りが必要です。
最初は既成のトレーを使って通常通りの型取りを行い、その模型で個人の口腔内を正確に印象採取するためのカスタムトレーを作成します。2回目はこのカスタムトレーを使って口腔内の動かない部分を選択的に型取りします。そして、その型を再現したクリアトレーを作成します。
そして3回目は動かない部分を再現してあるクリアトレーで、動く部分の型取りを行います。
これにより高い吸着力が得られ、ぐらつき・外れが起こりにくくなり、入れ歯が快適にフィットしてしっかりものが噛めるようになります。

“ミリングテクニック”による部分入れ歯

“ミリングテクニック”で製作した入れ歯は、「見た目」「装着感」「噛み心地」の、入れ歯にとって重要な3要素が、最も高いレベルで確保できる卓越した入れ歯です。金属の固定具と残存歯を一体化させ、正面から見えないようにする作製方法です。
見た目が良いだけでなく、装着感・噛み心地も優れた部分入れ歯となります。

Medical grits

初診専用
Web予約

お問い合わせ

TEL

診療時間・アクセス